ポメラニアンの子犬を買うならどこ?価格相場や子犬選びのポイント

ふわふわで、ぬいぐるみのように愛らしいポメラニアンの子犬。

「ほしいけれど、どこで買うのが一番いいのか悩む…」という方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ペットショップ・ブリーダー・里親募集サイトの3つを徹底比較し、どこで子犬を手に入れるのがベストなのかを考察してみました。

また、良い子犬を選ぶポイントについても解説していきます。

ポメラニアンの子犬を格安で買うならどこ?価格やサービスで比較

ペットショップブリーダー里親募集サイト
平均価格50万~60万円40万~50万円無料
(予防接種代などの実費がかかる可能性あり)
健康度
人慣れ度
アフターサービス

「みんなのブリーダー」「ペットショップのコジマ」で生後2ヶ月以内のポメラニアンを検索した結果

ペットショップ・ブリーダー・里親募集サイトをいくつかの項目で比較してみました。

価格は、ブリーダーよりペットショップの方が安いイメージがありますが、今回調べたところ、ペットショップの方が10万円ほど高い結果となりました。

近年、子犬全体の価格が高騰し続けているため、ポメラニアンも最低40万円は見ておいた方が良さそうです。

健康面でいうと、定期的に健康診断を受けさせたり、遺伝的な病気が出ないように気をつけて繁殖しているブリーダーが、もっとも安心度が高いと言えます。

それに対し、里親募集サイトは持病のあるワンちゃんも多いため、注意が必要です。

人慣れ度で比較すると、日々多くの人に見られているペットショップのワンちゃんは人間や物音、さまざまな刺激に慣れています。

一方、ブリーダーの犬舎では兄弟犬や母犬と触れ合う期間が長いため、犬同士の社会化が促進される点がメリットです。

総合的に見ますと、ポメラニアンの良い子犬と出会えるのは「ブリーダー≧ペットショップ>里親募集サイト」の順になるかと思われます。

もちろん、ブリーダーもペットショップも信頼できるところであることが条件です。

里親募集サイトは、費用をかけずに子犬をもらえる可能性がありますが、そもそもポメラニアンの子犬は高く売れますので、わざわざ里親募集に出す人は少ないです。

健康な子犬を希望するのであれば、ブリーダーまたはペットショップを当たってみましょう。

ポメラニアンの良い子犬を選ぶための8つのポイント

ポメラニアンの子犬を飼うなら、見た目だけではなく健康も重視したいですよね。

ペットショップやブリーダーで子犬を選ぶ時に注目したい8つのポイントをまとめてみました。

①抱いた時に適度な重みがあるか?

抱っこされるポメラニアン

子犬を選ぶ時は、見ただけで決めるのではなく、必ず抱っこさせてもらいましょう。

ポメラニアンは超小型犬ではありますが、抱いた時にふわっとあまりに軽すぎる感じがしたり、骨がハッキリと感じられるような場合、痩せすぎの可能性があります

子犬は基本的に、ある程度コロコロしている方が健康です。

②耳の内側が汚れていないか?

耳掃除されるポメラニアン

ポメラニアンは耳の毛も多いため、通気性が悪く、外耳炎になりやすいと言われます。

子犬を選ぶ時は、耳の内側がきれいな薄いピンクで、悪臭などがしていない子を選びましょう。

耳が汚れていたリ、かゆがる様子を見せていたり、いやな臭いがしていたりする場合、耳の病気にかかっている可能性があります。

③目がキラキラきれいか?

ポメラニアンの顔目も、子犬の健康状態をよく表します。

健康な子犬は黒目の色が濃く、キラキラ、生き生きしている子が多いです。

逆に、目が濁った感じがする、目やに・涙が多い、涙やけがひどい、などの症状がある子は病気の可能性があります。

④鼻は適度に湿っているか?

ポメラニアンの顔鼻も、子犬の健康具合を示す大切なバロメーターです。

適度に湿り気があって、つやつやしているのが良いお鼻ですので、ぜひチェックしてみてください。

鼻水が出ている、濡れすぎている、もしくはカサカサに乾燥している場合、犬風邪や皮膚疾患の可能性が疑われます。

⑤歯茎がピンク色をしているか?

歯磨きされるポメラニアン人間と同様、犬も歯周病にかかることがあり、抜歯が必要になるケースもあります。

健康な犬の歯ぐきは、つやのあるきれいなピンク色をしていることが多いです。

逆に、乾燥していてシワになっていたり、赤黒くなっているような場合は、何らかのトラブルが考えられます。

ただし、色素のせいで歯茎が黒いワンちゃんも中にはいますので、店員さんやブリーダーさんに確認してみてください。

⑥毛がふわふわでツヤがあるか?

ふわふわの毛のポメラニアン

ポメラニアンといえば、ふさふさの毛が魅力ですよね。

毛づやが良く、触った時にしっとりしている状態が理想的です。

また、毛の下にある皮膚の色も確認しましょう。色が鮮やかで、表面がなめらかであれば健康な証拠。

逆に、色や手触りが悪い場合は皮膚病の可能性が疑われます。

⑦お尻まわりがキレイか?

おしりを向けているポメラニアン

肛門の周りが汚れている場合、下痢をしている可能性が高いです。

子犬の下痢が続く場合、感染症や寄生虫、ストレスなどの可能性があります

おしり周りが便で汚れていないかどうかは、必ずチェックしましょう。

⑧歩き方や動きに軽やかさがあるか?

走るポメラニアン

健康な子犬は足取りが軽く、弾むように歩いたり走ったりします

不自然な歩き方をしている子や、動きが鈍すぎる子は、関節や腰にトラブルを抱えている可能性もあるため要注意です。

性格もありますが、あまり歩きたがらない子もなるべく避けましょう。

ポメラニアンってどんな犬?カラーの種類・体重・寿命を知っておこう

ポメラニアンはスピッツ犬種です。

豊富な毛量とふさふさのしっぽ、小さくとがった耳にスピッツの特徴が見られます。

子犬期のポメラニアンは、まだ毛が生えそろっていないため、毛玉のようにふんわりとしているのがキュートですよね。

そんなポメラニアンの性格や、カラーの種類、平均体重、平均寿命などをご紹介します。

ポメラニアンは明るく活発気が強い一面も

  • 活発
  • 勝ち気
  • 忠誠心が強い
  • 警戒心が強い
  • 賢い

ポメラニアンは、活発で遊び好きな性格をしており、特に子犬期はせわしなく動き回る子が多いです。

人なつこく陽気で、家庭のアイドルになってくれることでしょう。

飼い主さんへの忠誠心が強く、学習能力も高いため、しっかりしつければコマンドや芸もたくさん覚えてくれます。

ただし、勝ち気で敏感なところがありますので、来客やチャイムの音などによく吠えやすいです。

逆に言えば、小さいながらも頼れる番犬になってくれる犬でもあります。

ご近所トラブルを防ぐためにも、「吠えぐせ対策」はしっかり行ないたいところです。

成犬時体重2~3kgの超小型犬

出生時100~200グラム
生後2ヶ月800~900グラム
生後4~5ヶ月1,500~2,000グラム
生後1年2,000~3,500グラム

ポメラニアンは、小型犬の中でも特に小さい「超小型犬」に分類されます。

産まれた時の体重は、わずか100~200グラム。

その後はぐんぐん成長しますが、成犬になっても体高20cm前後、体重2~3kgが平均的です。

ただし、中には10kg近くまで成長する子もいます。

豊富な毛量が特徴ブラッシングが大切

ブラッシングされるポメラニアン

ポメラニアンは、ダブルコート(2層)の豊富な被毛を持っています。

抜け毛が多く、特に春と秋の換毛期には大量の毛が抜け落ちますので、こまめなブラッシングが必要です。

トップコート(上毛)だけをブラッシングするのでは、アンダーコート(下毛)が毛玉になってしまうため、コームとスリッカーブラシを使ってしっかりと全身を梳かします。

毛玉を放置すると皮膚疾患につながりますので、注意が必要です。

ポメラニアンはカラーの種類が豊富

  1. オレンジ
  2. ホワイト
  3. クリーム

ポメラニアンの毛色は非常にバラエティ豊かで、JKCの公認カラーだけで13種類あります。

特に人気が高いのは、オレンジ(きつね色)やホワイト、クリームなどです。

その他、りりしい「ブラックタン」や、オレンジで毛先だけが黒い「オレンジ・セーブル」、ホワイトベースに1~2色の斑が混じった「パーティーカラー」なども人気があります。

好きなカラーの子を見つけるのも、ポメラニアン選びの楽しみの一つです。

ポメラニアンの寿命は12~16歳

犬全体の平均寿命14.29歳
ポメラニアンの平均寿命12~16歳

※ペットフード協会の調査結果(2018年)

ポメラニアンは小柄ながら、体は丈夫な方です。

平均寿命は12~16歳で、中型犬や大型犬よりも基本的には長生きと言えます。

最近は医療の進歩も手伝って、20歳くらいまで生きるポメラニアンもいるほどです。

先天的な病気も少ないため、適切なブラッシングやオーラルケア、耳掃除などをしっかりしていれば、健康上の問題は少ないですよ。

ポメラニアンの子犬のお迎え準備・用意したいものリスト

  • ケージ・サークル
  • トイレトレーとシート
  • 食器類
  • ドッグフード(子犬用)
  • スリッカーブラシ・コーム
  • シャンプー
  • クレート
  • 犬用おもちゃ

ポメラニアンの子犬をお迎えするにあたって、最低限必要な物をまとめてみました。

ケージまたはサークルは、お留守番の時はもちろん、寝床にもなるものですので、必ず用意しておきましょう。

ジャンプして逃げ出さないよう、天井のあるものがおすすめです。

トイレトレーニングは、家に来たその日から始めますので、トイレ一式も最初に用意しておきます。

最初はケージやサークル内にシートを敷き詰め、どこでも用を足せるようにしておき、徐々に範囲を狭めていきましょう。

ドッグフードは子犬用の栄養価が高いものを与えてあげてください。

健康のために、多少高価でも良い原材料を使用しているものを選ぶことが大切です。

まとめ

✔信頼できるブリーダーで健康な子犬を購入するのがおすすめ
✔ペットショップは人や刺激に慣れている子が多い
✔里親募集サイトで健康な子犬のポメラニアンが出ていることはまれ
✔健康な子犬を選ぶためには、鼻・目・耳・口・毛などを全体的にチェック
✔ポメラニアンは丈夫で平均寿命も長め
ポメラニアンの子犬の購入先としては、「実績が豊富で評判の良い、信頼のおけるブリーダー」が一番おすすめです。
ペットショップはピンキリではありますが、子犬の健康に配慮したお店であれば、良い子に出会えるチャンスはあります。
里親募集サイトは、老犬や持病のある犬が多いため、健康な子犬を飼いたい方には基本的に不向きです。
特にポメラニアンを専門に扱っているブリーダーは、知識と経験が豊富ですので、いくつか見学に行ってみることをおすすめします。
その際は、このページでご紹介した「ポメラニアンの良い子犬を選ぶための8つのポイント」を参考に、健康な子を見極めましょう。