トイプードルの黒(ブラック)の特徴・性格・おすすめカット方法まで完全解説

トイプードルの隠れた人気色に、黒(ブラック)があります。

最近はレッド系がメジャーではありますが、真っ黒なトイプードルはカッコよく、品もあることからファンが多いのです。

性格も落ち着きがあり、しつけをしやすいと評判ですよ♪

この記事では、トイプードルの黒の特徴や性格、おすすめカット、気になる「退色」などをくわしく解説していきます。

トイプードルの黒(ブラック)の基本情報まとめ

トイプードルの黒

購入しやすさ
平均価格25万~40万円
体の特徴・目のふち・鼻・唇・爪まで真っ黒
・遺伝や加齢によって退色することも
・毛量は多め
性格の特徴・落ち着きがある
・服従心が強い
・賢い
似合うカット・ピーナッツカット
・モヒカンカット
・顔バリ(バリカン)
注意点・退色の可能性がある
・他色と比べて臭いがやや強い

黒は、白・茶色と並んでトイプードルの基本色の1つです。

しかし、実際は見かける頻度が少なく、ペットショップでもあまり販売されていません。

ブリーダーのサイトを見ると、価格はトイプードルの中でも比較的リーズナブルな方です。

賢く服従心が強いため、しつけもしやすいお利口さんが多いですよ♪

トイプードルの黒(ブラック)の3つの特徴について

他の色のトイプードルと比較して、黒い子にはどんな特徴があるのか、3つご紹介していきたいと思います。

1.鼻も唇もすべて真っ黒。ただし年数が経つと退色することも

トイプードルの黒は退色することも

トイプードルのブラックは、目・目のふち・鼻・爪なども含めて全身真っ黒です。

よく見ないと、目が見えにくいほど黒一色それがトイプードルのブラックの魅力です。

ただし、先祖犬に黒以外のカラーがいた場合、成長とともに毛色が薄くなっていくことがあります。

また、人間に白髪が生えるのと同様、トイプードルも加齢によって鼻や耳まわりの毛が白っぽくなる「退色」が起こります

退色は止めることができませんので、色の変化も含めて楽しむのが良さそうですね。

ちなみに皮膚は、ブラックスキンまたはダークスキンの子が多いですが、中にはピンクスキンの子もいます。

また、もともと臭いの少ないことで知られるトイプードルですが、黒の子は他の色に比べると多少臭いがしやすいようです。

2.賢くて人なつこく、しつけしやすい性格

トイプードル黒は人なつこくて賢い

明るくて賢く、飼いやすい犬として知られるトイプードルですが、基本色であるブラックは特にその傾向が顕著と言われています。

落ち着いた性格で人なつこく、無駄吠えもあまりしない子が多いようです。

服従心も強く、飼い主さんに対して従順ですので、初めて犬を飼う方にもおすすめできます。

頭も良いため、コマンドを覚えるのも早く、しつけもしやすいと評判ですよ♪

中に入ったおやつを取り出して遊ぶ犬用の知育玩具などで遊んであげると、大変喜びます。

また、運動能力の高さもブラックの特徴です。毎日のお散歩はもちろん、できるだけ体を動かす機会を作ってあげましょう。

3.平均価格は25万~40万円。トイプードルの中では安い方

性別ブリーダーペットショップ
オス200,000円~500,000円248,000円~638,000円
メス285,000円~730,000円390,000円~700,000円

ブリーダーとペットショップのサイトでリサーチしたところ、トイプードルの黒の最多価格帯は25万~40万でした。

オスよりメスの方が高いため、メスの場合は30万円以上見ておいた方が良さそうです。

高額なようですが、レッドなどの人気色に比べると安く、同じ基本色である白よりも平均価格は安いです。

特に男の子を選べば、20万円台で購入できる可能性は十分にあると思われます。

トイプードルの価格については、下の記事もご参照ください。

関連記事

「可愛いトイプードルが飼いたいでも値段が気になる…」という方は多いと思います。実際、子犬の価格は年々上がり続けており、特に人気ナンバーワンのトイプードルはかなり高額で売られるようになりました。それでも、賢くて愛らしいトイプー[…]

トイプードルの黒(ブラック)に似合うカットを3つ紹介

トイプードルの黒は、毛量が比較的多いと言われますので、色々なカットにチャレンジできる点も魅力です。

カラー的に、どうしてもお顔が埋もれてしまいやすいため、特に目元をスッキリさせたカットが人気ですよ。

ここでは、トイプードルの黒に似合うおすすめカットをご紹介します。

①ピーナッツカット【目の周りをスッキリさせるのがポイント】

トイプードルの黒のテディベアカット

ピーナッツカットは、人気のテディベアカットに似ていますが、頬の毛をスッキリなくして「8の字」にするのがポイントです。

目も見えやすいですし、 顔の毛のもつれや毛玉もできにくいと言われています。

また、テディベアカットはマズルの詰まった子向きですが、ピーナッツカットはマズルの長い子にも似合いますよ。

「口元の毛はふんわり残したいけれど、できるだけ全体的にスッキリさせたい」という方におすすめです♪

②モヒカンカット・アフロカット【トイプー黒は個性的なカットもおまかせ】

トイプードル黒のモヒカンカット

モヒカンカット

トイプードル黒のアフロカット

アフロカット

スタイリッシュな黒のトイプードルは、かっこいい系のカットもよく似合います

特に男の子なら、頭の毛を立たせたモヒカンカットにぜひ1度挑戦したいですね。

黒は毛質が硬めの子が多いと言われますので、個性的な形も作りやすいようです。

女の子なら、頭の毛を丸くふんわりさせたアフロカットなどもおすすめですよ♪

③顔バリ【顔全体がスッキリして見やすい印象に】

トイプードル黒の顔バリ

顔バリとは、顔にバリカンをかけることです。ひと昔前のプードルは、たいてい顔バリでしたよね。

トイプードル黒は、どうしてもお顔が埋もれやすいため、「顔をハッキリ見たい」という飼い主さんにはとてもおすすめです。

特にマズルの長い子は、顔バリがとても似合いますよ♪

頭や耳のカットは自由です。アフロのようにもこもこにするも良し、耳を長めに残して女の子らしくするも良し。

顔バリにすると、食後のケアなどもとてもラクです。

トイプードルの黒(ブラック)の毛並みを保つために必要な3つのお手入れについて

漆黒の黒い毛並みが美しいトイプードルのブラック。

遺伝や加齢による退色は仕方ないとしても、できるだけツヤツヤの黒い毛を保ちたいですよね。

そのためにできることを、3つご紹介したいと思います。

①こまめなブラッシングで毛玉をふせぐ

トイプードル黒とブラシ

トイプードルの黒は毛量たっぷりの子が多いため、毛のもつれや毛玉には要注意です

毛玉ができると皮膚炎や痛みにつながりますし、カットにも時間とお金がかかってしまいます。

予防のためには、毎日のブラッシングが大切です。スリッカーブラシで根元からしっかり毛のもつれをほどき、仕上げにコームを通して最終確認しましょう。

もちろん、月に1度くらいの割合でサロンに行き、トリミングしてもらってくださいね。

②暖かい季節はノミ・ダニの対策を

トイプードル黒とノミダニ治療薬トイプードルの黒は、色的にどうしてもノミやダニを見つけにくいです。

ノミやダニが付いてしまうと、ワンちゃん本人のかゆみや皮膚炎につながるだけではなく、飼い主さんや家全体にも影響が及ぶ危険性があります。

ノミダニ対策のためには、防薬を毎年使うことが大切です。

背中に垂らすタイプと飲むタイプがありますので、動物病院で相談してみてください。

また、上でご紹介した毎日のブラッシングも、ノミダニの早期発見につながります。

ちなみに、市販のノミ取りグッズにはそれほど強い効果はありませんので、使うとしても、病院でもらう予防薬と必ず併用しましょう。

③月1~2度のシャンプーで体臭対策も

トイプードル黒はこまめにシャンプーを臭いの少ないトイプードルですが、ブラックの子は比較的体臭があると言われています。

くわしい理由は不明ですが、おそらく色素細胞が関係しているようです。

それほど強い体臭ではないと思いますが、気になる場合は、2週間に1度はシャンプーしてあげるといいでしょう

終わった後は生乾きにならないよう、しっかりドライヤーで乾かしてあげてください。

また、ストレスや、添加物の多い食事なども体臭の一因になることがあります

できるだけたっぷり散歩や運動をさせ、良質なドッグフードを与えることも体臭予防につながりますよ。

トイプードルの黒(ブラック)の購入方法:ブリーダーとペットショップどっちで買うべき?

ブリーダーペットショップ
トイプードル黒の販売頭数の例36頭5頭
販売価格200,000~730,000円248,000円~700,000円
トイプードルの黒は、基本色であるにもかかわらず、見かける頻度は多くありません。
最近はレッドやアプリコットが人気のため、ブラックの子はペットショップはおろか、ブリーダーの元にもそれほど多くないのです。
実際、ブリーダー検索サイトで調べてみても、黒のトイプーは全国に50匹もいないことがあります(レッド・アプリコットの10分の1程度)。
ペットショップで出会える可能性はさらに低いと思われますので、お迎えに行ける範囲のブリーダーさんの子犬情報をこまめにチェックするのがおすすめです
できればトイプードル専門で、犬舎の見学を受け付けているところの方が安心できます。
ちなみに価格は、ペットショップとブリーダーでそれほど大きな差はありません。
希望の子が見つからない場合でも、過去に黒トイプーを販売していたことのあるブリーダーに相談すれば、出産情報などを教えてもらえることもありますよ♪

まとめ

✔トイプードルの黒は落ち着きがあって賢く、友好的な性格
✔平均価格は25万~40万円で、トイプードルの中でも最安クラス
✔遺伝や加齢によって退色することがある
✔毛量が多いため、もつれや毛玉に注意
✔販売数が少ないので、ブリーダーに相談するのがおすすめ
トイプードルの黒は、基本色ながら見かける頻度の少ないカラーですが、従順で飼いやすい性格と評判です。
価格も他のカラーに比べるとリーズナブルですので、「あまり高額な子はちょっと…」という方にも向いています。
全身真っ黒で、毛量が多く、毛質がしっかりしている子が多いです。
遺伝や加齢によって、徐々に色が薄くなる「退色」が起こることがありますが、ごく一般的な変化ですので安心してください。
毛量の多いブラックは、毛玉や毛のもつれが起きやすいため、こまめなブラッシングが大切です。
ペットショップで出会える確率は高くないので、黒トイプーの繁殖をしているブリーダーに問い合わせてみることをおすすめします。